ネットショップ実務士になりたい方の検定試験

実店舗からネットショップへ、消費の傾向も変化しています。多くの流通がネットショップ通販へ移行していく中、ネットショップ能力認定機構が行う、ネットショップ検定という資格が注目されています。

ネットショップ実務士の認定、育成を通じて、雇用機会を作り、eコマースの国内基準作りをしていこうという試みです。

ネットショップ検定には、レベル1からレベル3まであり、1で基礎知識を、2で実践知識を、3で実践能力の証明を問う内容になっています。

検定対策には公式セミナーがあるので、あわせて検討できます。

ネットショップ入門セミナーで、企業研修や法人参加ができます。ネットショップ検定対策は、実際に試験に向けての講座に参加することができます。

資格試験である以上、過去問題や模擬試験を受けながら、合格めざしてがんばりたいところですよね。

ネットショップ検定 公式テキストで勉強して受験をすれば合格します!

ネットショップ実務士のレベル3では、マネジメント、プロモーション、Web制作、運営という4つの職種ごとに資格が認められる試験になっています。

優良ネットショップでの勤務実績の証明を出して受験が可能になるのがレベル3ですから、ある程度の実績がなければ受験ができないようになっています。

3か月間連続で売り上げが500万円以上、単月売り上げで100万円以上のお店を40営業日以上勤務していることなどが、規定になっています。

EC事業で利益を上げるために、運営、Web制作、プロモーションの専門知識、他職種のメンバーと連携してコミュニケーションを取っていく必要がある点など、能力評価のポイントも多岐にわたります。

安易な考えでネットビジネスに参画するには、すでに多くのビジネスが乱立しているネットショップ。

すでにネットショップを運営している人も、これから新たに参戦して行こうと考えている人も、ECサイト側のスタッフも、論理立てて検定試験のための勉強をすることで、見えてくるものもあるでしょう。

学生にとっては、就活の際の資格欄に書けば、面接の際の自己アピールにつながる場面もあるでしょう。